受験地学botの中の人の独り言

Twitterの受験地学bot(@tigaku_tenohira)の中の人が大学受験の地学についてぼやいています(笑)

模試

こんばんは!

今日はバイトでヘトヘトです(笑)

 

さっそく模試について書きます。というのも今非常に眠いからです(;´・ω・)

 

まず

地学基礎をセンターで使う主に文系受験生は積極的にセンター模試を受けてください。これは言うまでもなく地学基礎受験者はそれなりに居るため模試や問題集が多少は充実していますので!

 

次に

基礎なし地学を使う主に理系受験生はセンター模試は本当にセンターを地学で受験するかを見極めるために受験してください。

 

「えっ?基礎なし地学を選択しているのにセンターはほかの理科を使えって言うのか( `ー´)ノ」と思われる方がいらっしゃるでしょう。

 

理由を話します。

1つ目は、地学だけの話でもないわけですが、基礎なしのセンター理科の範囲を網羅したセンターの過去問が少ないわけです。今日の段階で追試含めて6回分+新課程前のサンプル問題のみ。旧旧課程をさかのぼってみたり、旧課程のかぶる範囲を使うのがベストですがそれでも恐らくカバーしきれません。物理化学生物は予備校関係者が受験者が多いため一生懸命今あるセンターの過去問を研究して模試や問題集などを作っていますが、地学はマイナーゆえに手薄です。別に予備校関係者の人たちの仕事を批判しているわけではなく、必然的にこうなってしまうわけです。要約すると対策がしにくく模試が必ずしも対策に使えるとも言えないわけです。私個人としては過去問研究と教科書をしっかり読み込むことが一番の対策だと思います。

 

2つ目は、基礎なし地学のレベルの調節がセンター側もうまくできていないと思うからです。新課程初年度、翌年度の平均は理科の中でダントツで低いです。受験者の人数も少ないことも影響しているとは思われますが・・・そして今年の1月では化学のほうが平均は低かったと思いますが、それでも50点前半だった気がしました。

余談ですが化学もここ2年難しいですね(笑)化学も履修していたのとバイトの生徒の受験のついでに自分もセンターの問題などに目を通してますが難しく感じました。

話を戻しますと、今年の地学は激易化でした。化学の平均は妥当だと思いますが、地学は物理くらいに落ち着いてもいいものだと思います。それでもあの平均という理由はおそらく上に書いた地学のセンターへの対策がしにくいことも影響しているのではないでしょうか?つまりセンター側もうまく調節ができていないみたいです。ゆえに再び2015、2016の難度に戻ってもおかしくないわけです。

 

以上の点からセンター模試は地学を選択するかどうかを決めるために受けてください。理科3科目はきついと思われるでしょうが、前の京大医学部や現九大医学部は物理化学生物をセンターと二次で合計して必要でしたから、その三つの組み合わせよりは多少は軽いと思ってください(笑)

 

 

いよいよ記述模試・・・

私が受けたことある東大模試は受けてもいいでしょう。東大なだけあってしっかり作られています。代ゼミも唯一東大模試だけ地学があるそうです(笑)

他の冠模試については情報が少ないですが、京大模試はあまり京大に即してないそうです。そう考えると他の旧帝や神戸広島もあまり即していないのではないでしょうか?

総合模試の情報もなかなか手に入らないのですが、駿台全国を受けたことあるっていう地学受験の知り合い曰く採点厳しすぎるそうです。

ただ大学の採点基準も他の科目より一層わかりませんし採点は厳しくしてもらった方がいいかもしれませんね。

 

 

はあ・・・ようやく書き終わった。いつも以上に拙い文章になってしまって申し訳ないです。

 

次の記事からは入試問題や地学のニュースなどを引っ張って書いていこうと思います。あと暇つぶしに模試を受けて、少ない記述型の模試情報も手に入れてきますね。

 

 

広告を非表示にする