受験地学botの中の人の独り言

Twitterの受験地学bot(@tigaku_tenohira)の中の人が大学受験の地学についてぼやいています(笑)

ブログ始めました

初めまして!受験地学botの中の人です!

本来ならばもっと頻繁にbotのツイートを増やしていきたいのですが

「実家から受験時に使った地学の参考書や問題集、予備校のテキスト諸々を取ってくるのを忘れてしまっている」

「大学、バイト、遊びや飲み会で時間が取れない」

などの理由から思うように更新できず、気まぐれで思いついた内容を垂れ流すアカウントと化してしまったことをここでお詫び申し上げますm(__)m

 

地学の問題はセンター試験や模試を始め、どの大学も資料や図、写真を出して思考させ解答させることが多いです。

Botでは限界がある(私がツイッターbotをうまく使いこなせない)のでブログで少しずつ私の持っているものを、もしくは私より最近の地学の入試事情に詳しい地学受験者の知り合いから力を借りながら提供できたらと思っています。

 

このブログもBotもどちらかというと

理系の基礎なし地学を使う方を対象に動かしていくつもりです。

地学基礎だけの文系の方には役に立たないかもしれませんが、一般教養くらいの気持ちで読んでいただけたらうれしいです。

勿論、センター試験の地学基礎についても書いていく予定です。

 

最初なので

理系地学受験のメリットやデメリット

私が受験時代に使った問題集や参考書

地学受験をした知り合いが使っていた問題集や参考書

についてボチボチ書いていこうと思います。

 

地学受験のメリット(個人的見解)

勉強効率がいい

私や私の知り合いに当てはまったことなのですが、短期間で足を引っ張らない点数を取ることが出来ることです。

私は浪人していた時の6月から完全に化学→地学に科目変更しましたがセンター試験では97点、二次試験も開示をしてみたら足を引っ張らない程度は取れていました。

4月に地学に変更することを考えていたが踏み切れず6月まで化学も勉強していましたね(;´・ω・)

昨年家庭教師で教えていた高校生も夏から化学→地学に変更しましたがセンターでは94点を取り某旧帝大理学部に合格しました。

もっとも私が受けたセンターは地学Ⅰ、今年のセンター地学は去年や一昨年に比べたらかなり解きやすくなっていましたが(;'∀')

ただ本当に、受験時代に東大だけでなく京大をはじめとした旧帝の問題を解いていましたが、それらの大学の理科で戦える点数になるのが最も早いと思っています。

  • 暗記は生物や化学より少ない。
  • ある程度暗記し現象を理解したらその場で考える問題が多い。
  • 記述問題もある程度パターンがあります。
  • 文字計算ばかりではないため、物理のような凡ミスをたくさんするなどもない。有効数字には注意ですが(笑)

 

 

地学受験のデメリット

まず高校では授業が開講されていないところが多く地方の大手予備校がないところでは独学になるであろう。→→→But 十分独学できる教科なのでここはまだ安心。

 

参考書や問題集が少ない!→→→No problem あとでも書きますが教科書、図表、センサー(傍用問題集)、志望校の過去問があればなんとかなると言っても過言ではない。

 

行ける大学が少なくなる・・・というのはさすがにどうしようもないですね。

医学部志望の方などは殆ど使えないです。使えてもセンターのみ。二次でも使えるのは東大理科3類くらいではないでしょうか?

ただ理学部や農学部志望ならば旧帝大でも使えます(阪大は除く)

東工大は地学系の専攻があるのですが使えないです。

 

 

あからさまにデメリットが多くなっちゃったかも(;´・ω・)

物理化学生物のうちどれか2つで十分戦える人ならばわざわざ地学の地の字も頭に浮かべないでしょうし、まあいいですかね??

 

 

ー最後に教科書など紹介ー

 

まず教科書

これは必須です。

地学に関してはヘタな参考書より教科書を読みこんだ方がセンターも二次も点数上がると思います。

家庭教師の生徒も12月はセンターに向けて地学の教科書にマーカーを引いて正誤問題で出されそうなところをチェックして読み込んでいました。

地学基礎はいくつかの出版社が出しています。

基礎なしの地学は啓林館と数研出版から出されていますので、お財布と相談ですが余裕があれば2冊持っておいてください。

もしくは1冊は数研出版もういちど読む数研の高校地学でもいいと思います。地学と地学基礎を分けることなく分野ごとにまとめられています。

 家庭教師先の生徒には啓林館の地学基礎地学もういちど読む数研の高校地学を購入してもらいました。

ここで「え~なんで2種類やねん。理科に限らず他の教科は1種類しか持ってない!」と思う人が居ると思います。

私の従兄は文系でしたが、日本史の教科書を2種類持っていました。日本史の場合は山川が一強感あるのですが、ある出版社の教科書にしか載っていない内容が入試に出ることがあるそうです。

だから一応2種類持っていると便利ということです。

 

 文科省検定の教科書ではないですが、ブルーバックスから出ている地学の教科書があります。

高校時代に地学を選択していなかった大学の知人が勉強するために使用していましたが、高校地学の内容を理解するのには十分です。

 

 

次に図表

これもほぼ必須です。

選択している理科社会の大抵の教科は持っていると思います。

私は+アルファで駿台予備校の講習に参加して駿台のテキストの図表を持っていました。駿台のはさすが物理も微積でガンガン原理証明をしているだけあって定量的に現象が証明されています!(^^)!

 

 

 

そして傍用問題集

地学基礎はいくつか種類がありますが、どれでもいいと思います。

基礎なしは、センサー地学のみです。

これをやるしかないです。基礎と基礎なしで分冊になっているのが煩わしかい場合は、旧課程版を用意してもいいと思います。

ちなみに、旧課程や旧旧課程も地学全範囲を網羅している問題集なんてほとんどないです。

一部、「伊藤の地学」や「地学IB・Ⅱ図解計算問題の解き方」のようなものもありますが、それについてはこちらの記事に書いておきます。

 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

 

最後に過去問

志望校の過去問はもちろん、他大学の過去問にも時間の限りあたっておいた方がいいです。

忘れてはならないことは自分の志望校を優先してください。

「地学は10年すれば内容が変わりうる」みたいなことが、どこかの大学の赤本に書かれていた気がしましたが、その大学の過去問に変わりはないので志望校だけを手に入れるだけ手に入れて遡って解いてもいいです。

というか、地学にも東大や京大みたいに天文分野が計算エグかったり、大学によっては細かい教科書の隅に書かれた言葉を問題にして出したりなどクセがあるからです。

内容が変わるといえば、私の経験だと古い問題集をやっていたため、冥王星が太陽系に入っている問題にチョクチョク出会いましたが(笑)

他大学の過去問は、理系地学受験の人なら知っている人も多いと思いますが、くぬぎ出版の全国の大学の地学の過去問が一年分載っているもの(私は電話帳と呼んでます)があります。ただ、その過去問は解説がなく誤植が結構あります・・・

センター試験も過去問を大切にしてください。追試までしっかり解いてください。

 

 

 

地学に科目変更をする方は、地学の代わりに使っていた理科科目の予備校のテキストや問題集などを売って、地学の教科書などを買うと経済的に楽です。

地学は売られている参考書が少ない分、買う必要性があるものがとても限られているので(笑)