受験地学botの中の人の独り言

Twitterの受験地学bot(@tigaku_tenohira)の中の人が大学受験の地学についてぼやいています(笑)

地学の受験勉強法 -センター試験後-

この記事を投稿する時期が、記事を書いている年のセンター試験直後なので

とりあえずセンター試験お疲れさまでした!

 

 

 

ほんの少しは気が楽になったのではないでしょうか?

自己採点してみて目標点に届かなかった、過去問や模試よりできなくて大失敗という人も居るでしょうし

二次配点が大きい、まだ受かったわけではないから気が楽にならない!という人も居るでしょう。

 

「私が大学入学を決めた時のセンター試験が成功か?」と質問されたら

受験全体を見てもセンター試験だけを見ても成功だと思っていますが(大成功ではないですよ)、他の人から見たら当時の私のセンター試験は失敗にもなります。

人によって結果の受け止め方は様々ですから(;´・ω・)

私の場合、センター終わった翌日は気が楽になったどころかテンションMAXでしたね。二次試験受かった時よりテンション高かったです(笑)

 

 

とにかく1つの山場を越えたわけですし、1日くらい休憩を入れてもいいのではないでしょうか?

というのが私の個人的な意見です。

普通の受験生ならば年末年始をつぶして勉強しているはずなので(笑)

私と同じく宅浪した友人は、年末年始に家族でスキーに行ってましたが(;´・ω・)そういう方に限って難関大学に受かっちゃったりして世の中の理不尽さを感じます。ちなみに彼は〇都大学に合格しました。

ただし調子に乗りすぎて交通事故などに合わない程度に・・・

 

宅浪時の私は、センター翌日は勉強せずに

原付の免許を取っていたので、原付に乗ってブックオフにセンターでしか使わない参考書(理系なら社会科目、文系なら理科科目など)を売りに行き、海を眺めに行ったり映画を見に行ったりしていました。

客観視すると宅浪という無職の1人行動としては、かなり気持ち悪いですね(笑)

 

話がどうでもいい方向に脱線しました(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センター後の流れ

 

リサーチを出して、そこから志望校を変更するかどうかを考える。

宅浪の人などはネットで予備校が出す判定を確認するのではないでしょうか?

並行して二次力の回復に勤しむ。

 

 

 

そして

願書を書く。

(センター前に書いてしまう人も居ると思いますし、私大はセンター直後には既に出願し終えていないと間に合わないかも)

 

 

 

出願する。

これも私大を始め、何日までの消印のような締め切りに要注意です。

早め早めに行動するのが無難だと思います!

 

 

受験開始

受験票届いたり(ここで足切りもわかります)、私大受ける。

センター利用を筆頭に、私大の合格発表も始まる。

国立前期を受ける。

中期を受ける。

前期合否発表

後期を受ける。(前期受かっている人は受けなくてよい)

後期合否発表

 

 

 

 

大まかにこんな感じですよね?多分(;´・ω・)

 

 

ここまでは多くの受験生共通だと思います。

結構余計なことばかり書いてしまって

ようやく本題の地学を二次で使う受験生に向けての内容です。

と言っても、いつものことながらそんな大した内容ではないです(笑)

 

 地学受験生向け勉強の進め方

まず

必要なものは志望校の過去問(なるべく最新年度)です。

どの科目も同じだと思いますが・・・

私のすすめる勉強法としては

間違ったところを教科書と資料集を使って補強するという流れは、センター前の勉強法と大体同じです。

 

既に志望校の過去問の最近何年分かを何回も解いていて完璧という人も居ると思います。

そういう方は

  • Amazonで安く手に入るかはわかりませんが志望校の古い過去問をさかのぼる
  • 志望校以外の最新年度の過去問を解く
  • もう1回傍用問題集などの標準問題を解く

思いつく限りで、これらの方法があります。

まだ最新の赤本や青本などに掲載されている分を解き終えていなくても、入試までに解き終えて完璧と感じた人は地学に時間を割くならば、上記の方法を試してください。

 

 

 

 

1.志望校の古い過去問をさかのぼる方法

メリットは、難易度や質は恐らく保たれていることです。

デメリットは、傾向が変わっていたり、指導要領の問題、購入費用に対する効果がイマイチかもしれないことです(既に購入済みの人は気にしなくて大丈夫です)。

 

2.志望校以外の最新年度の過去問を解く

メリットは、指導要領的にも問題がなく、最近の地学の話題にも触れられているから予想問題になりうることです。

デメリットは、大学によって傾向が違う、他の理科ほどではないが難易度に差があって志望校と同じ質が必ずしも保てるわけではないことです。

 

 

3.傍用問題集などを再び解く

メリットは、基礎を固め直せる、ここで新しく購入費用をかける必要がないことです。

デメリットは、志望校と同じ傾向と質が必ずしも保てるとは限らないことです。

 

 

 

 

 

 

最後に

地学ばかりに目が行かないように、他科目とのバランスや配点比率を考慮して勉強することが大事だと思います。

 

 

センター地学 要点整理18

寒すぎますね(笑) 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

 

#巨星の後、太陽の質量の7倍以上の恒星は、超新星爆発を起こして

  • 太陽の質量の7~8倍の恒星は、すべて飛び散る
  • 太陽の質量の8~10倍の恒星は、中心部に中性子星白色矮星より高密度)ができる
  • 太陽の質量の10倍以上の恒星は、ブラックホールをつくる

鉄より重い元素超新星爆発のときにできる

 

 

 

#散開星団・・・100~1000個の恒星の集まりで、比較的若い種族Ⅰの星、星間物質が伴っていることが多い、銀河面に沿って分布している

おうし座のプレアデス(5000万年前に誕生)、かに座のプレセペなど

 

 

#球状星団・・・数十万~数百万個の恒星の集まりで、比較的古い種族Ⅱの星、星間物質をほぼ伴わない、銀河面から離れた部分にも分布している

ヘルクレス座のM13(100億年前に誕生)など

 

 

#種族Ⅰの星は超新星爆発後につくられたため重い元素の割合が多いが、種族Ⅱの星は重い元素の割合が少ない

 

 

#銀河系は約2000億個の恒星(太陽もそのうちの1つ)が含まれる

 

 

#球状星団の距離は、ケフェウス型変光星などの脈動変光星の変光周期と絶対等級の周期光度関係を用いて算出する

 

 

#球状星団は銀河系全域に分布しているが、大部分の恒星や星間物質は円盤状の部分に分布している

 

 

#バルジは古い恒星が集まっていて、恒星の乱雑な運動、星雲の激しい運動が起こっている

 

 

#種族Ⅰの星は銀河円盤内をほぼ円軌道で運動、種族Ⅱは銀河円盤内に限らず円軌道や楕円軌道で運動

 

 

#楕円銀河は星間ガスが少なく種族Ⅱの星が多い、渦巻銀河棒渦巻銀河は種族Ⅰと種族Ⅱがまじりあっている、不規則銀河は星間ガスが多く種族Ⅰの星が多い。

 

 

#強い電波を出している電波銀河は巨大な楕円銀河であることが多い

 

 

#放射エネルギーが大きいセイファート銀河は渦巻銀河

 

 

#クエーサー・・・電波銀河やセイファート銀河の中心核の中でも特に活発なもので、赤方偏移が大きい

 

 

#銀河の中で球状星団や最も明るい恒星の絶対等級はどの銀河もほぼ同じ

 最大のHⅡ領域の大きさもほぼ同じ 

 

 

#銀河が密集した銀河団が泡状となり、ボイドとともに巨大な網目構造を形成している

約3億光年のところにはグレートウォールがある

 

 

#後退速度と光速が等しくなる地点が宇宙の地平線

 

 

#約3Kの物質から放射されるエネルギー分布と同じ電磁波が宇宙のあらゆる方向から

やってきている→この放射を3K宇宙背景放射

これにより宇宙の初期は高温高密度であった

 

 

#宇宙に非等方性があり、そこから銀河や銀河団をはじめ、現在の宇宙の構造をつくったと考えられている

 

 

 

 

 

これにて、このシリーズの記事も終わりました(;´・ω・)

私の主観がだいぶ混じった内容だったり、頻出計算問題の公式などを敢えて省略した部分もあります。この記事の範囲でいうとハッブルの法則など

 

 

これらの記事は

手元に教科書がなく、スマホタブレット、ノートパソコンなどがあるときに軽く見るような形が良いと思います。

真面目な対策は、教科書資料集をしっかり読んで、過去問演習やセンターパック、模試の復習をしてセンター試験に備えてください!

そして何より風邪をひかないように頑張ってください!(^^)!

センター地学 要点整理17

クリスマスも終わってしまいましたね(;´・ω・)

私は様々な学術書を読み込んでいたら終わりました(笑)

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

 

#コロナは高温(約200万K)なためX線を放出する。

X線は地球大気に吸収されてしまうため人工衛星で観測

 

 

#黒点は強い磁場をもつ

 

 

#太陽が気体で赤道加速があるため黒点からわかる自転周期は低緯度ほど短い

 

 

#黒点が多いときは太陽活動が活発な時黒点の数は約11年周期で変化している

フレアも黒点が多い時期によく起きる

 

 

#恒星の明るさは距離の2乗に反比例する

 

 

#表面温度が高い順に恒星のスペクトル型がO,B,A,F,G,K,M

 

 

#恒星のスペクトルの暗線からスペクトル型、主系列星か巨星かなどの分類→HR図にあてはめる→絶対等級測定→恒星の視差が求まる・・・分光視差

 

 

#年周視差が測定できるのは1000パーセク以内の恒星だが、分光視差ならば数千パーセクのB,A型の恒星まで距離が推定できる

 

 

#同じスペクトル型の恒星・・・明るいほど半径が大きい

 

 

#同じ明るさの恒星・・・表面温度が低いほど半径が大きい

 

 

#超巨星(ベテルギウスなど)は平均密度は小さいが、中心密度は非常に大きい

 

 

#白色矮星シリウスBなど)は平均密度は超巨星よりもはるかに大きいが、中心密度は超巨星と同じくらい

 

 

#星間物質・・・星間ガス(水素)、宇宙塵(固体微粒子)

 

 

#星間雲・・・星間物質が密になったところ

光星雲や暗黒星雲があり、これらの内部は赤外線や電波で観測

 

 

#星間雲が収縮し解放された重力エネルギーで温度と圧力上昇で原始星が出来る

 

 

#原始星がゆっくりと収縮するなかで、水素が核融合を始めて主系列星になる

 

 

#主系列星では質量光度関係が成り立つ

 

 

#恒星の明るさは質量の約4乗に比例し、恒星の寿命は質量の3条に反比例

 

 

#主系列星以降では

  • 太陽の質量の半分程度の恒星は核融合が止まり、中心部は収縮して白色矮星になる
  • 太陽の質量の半分より大きい恒星は、中心部収縮、外層膨張で巨星になり、太陽の質量の7倍より小さい場合は外層のガスが惑星状星雲中心部が収縮して白色矮星になる    中心部の温度が10^8Kを超えるとヘリウムが核融合して炭素や酸素になる

質量の大きな恒星の核融合は、最終的に安定した鉄になりそれ以上は進まない

 

 

 

 

絶対等級と見かけの等級の公式などは省いていますが、そこは必須です!

 

 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

センター地学 要点整理16

クリスマスですね(笑)

 気にせず更新します(;´・ω・)

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

# 1恒星日・・・23時間56分4秒、天の北極回りを恒星が一周するように見える周期(地球の自転周期とほぼ等しい)

 

 

#1太陽日・・・太陽が南中してから次の南中までの周期、地球自身が公転するため1恒星日より4分ほど長い

視太陽と平均太陽で1視太陽日と1平均太陽日となる

 

 

#1太陽年・・・太陽が黄道上を一周し春分点から春分点に動く周期

歳差運動により春分点が移動するため地球の公転周期よりやや短い

 

 

#年周光行差はどの恒星も最大20.5’’

 

 

#惑星が西から東へ動くときが順行、東から西へ動く時が逆行

 

 

#水星・・・平均密度が地球型惑星2番目に大きい

 

 

#金星・・・大きさや組成は地球に似ている、気圧は地球の約90倍、大気は二酸化炭素がほとんど

 

 

#火星・・・季節変化もあり、極付近には極冠という氷や二酸化炭素がある、気圧は地球より小さい、大気は二酸化炭素がほとんどだが温室効果は弱い

 

 

#木星・・・表面付近の気体は水素とヘリウム、中心付近は圧力が強いため液体水素、さらに内部では金属水素、岩石や氷からなる核があると考えられる、アンモニアの雲がある、衛星のイオは月と同じくらいの大きさだが活発な火山活動が見られる、衛星のエウロパは表面一部が氷で覆われている

 

 

#土星・・・平均密度が太陽系の中で最も小さい、強い磁場があり、高緯度ではオーロラが現れる、衛星のタイタンの厚い大気にはタンパク質のもとになる物質がある

 

 

#天王星・・・大気にメタンがあるため青色に見える、自転軸が横倒し

 

 

#海王星・・・メタンがあるため青色に見える、内部には水、アンモニア、メタンが混ざった氷があると考えられている、黒斑という渦の動きから大気の動きが短い周期で変化していると考えられる

 

 

#彗星の塵が彗星の軌道に散らばって、そこを地球が公転することで、塵が大気圏に衝突して流星となる

 

 

#月の海は玄武岩のような岩石から構成されていて黒っぽく、陸は斜長岩から構成されていて白っぽい

 

 

#月は鉄の核がないため、平均密度は地球より小さい

 

 

 

 

1恒星日や1太陽日、1太陽年のあたりはややこしいと思いますが、そういった部分をセンターで問われる可能性も十分にあります。

資料集や教科書によって言葉の使い方を含め説明も異なると思いますので

わかりやすいものを見つけてしっかり確認してください(;´・ω・)

 

 

 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

センター地学 要点整理15

 クリスマスイブですが更新します(笑)

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

 

#梅雨では、ジェット気流ヒマラヤ山脈によって2本に分かれる

 

 

#秋雨前線は、前線に対する水蒸気の補給が少ないため梅雨前線ほど活発でない

 

 

#海水が長い間によく混合されたため、海水中のイオン濃度はどこもほぼ一定

 

 

#海水の成分イオンは順にCl>Na>SO₄>Mg>Ca=K>HCO₃ 電荷数は省略

 

 

#風浪・・・風の力を直に受けて出来ている波

 

 

#うねり・・・風浪の生じた場所から遠くまでに伝わってきた波

風浪より周期も波長も長い

※台風によって生じて、台風より早く日本に来るのは土用波

 

 

#波の速さは   g:重力加速度 λ:波長 h:水深

  • 波長に比べて深い海では(gλ/2π)^1/2   海水は円運動
  • 浅い海では(gh)^1/2   海水は楕円運動

津波の速さは浅い海の方

 

 

#海流は風の吹いていく方向に引きずられるが、転向力により北半球では貿易風下の海水は北に運ばれ、偏西風下の海水は南に運ばれる貿易風と偏西風の間に海水がたまり水位が高くなる→転向力以外にも圧力傾度力が働く→環流

 

 

#黒潮西岸強化で流れが速く、北大西洋のメキシコ海流とともに世界の2大海流とされている

 

 

#親潮の流速、流量は黒潮の約1/5

 

 

#黒潮親潮より、水温、塩分ともに高く、透明度も大きい

 

 

#北海道南方などで発生する暖水の渦は時計回り、冷水の渦は反時計回り

 

 

#北極や南極の周辺で海水が氷になり、塩分濃度が増加して密度の大きな海水になって深部に沈む

 

 

#満潮から満潮のような周囲は約12時間25分

 

 

#月による起潮力は太陽の約2倍

 

 

#満月や新月の時に大潮 上弦、下弦の月の時に小潮

 

 

#エルニーニョ現象が発生・・・日本の梅雨明けが遅れ夏の平均気温が低くなり、冬の季節風が平年に比べて弱くなり温暖になることが多い

 

 

#北極振動では

  • 北極で気圧が低いとき偏西風が強く、蛇行が小さい 日本の冬は暖かい
  • 北極で気圧が高いとき偏西風が弱く、蛇行が大きい 日本の冬は寒い

南極振動もある

 

 

#陸水の大部分は南極やグリーンランドの氷床で、次が地下水

 

 

#酸性雨の原因物質のエーロゾルは、風によって運ばれるため発生源から遠い場所でも酸性雨は発生する

 

 

 

次からは天文分野に入りたいと思います!

 

 

 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

センター地学 要点整理14

 木曜日から冬休みに勝手にしたのですが、実家に帰省すると家族で行動させられるためブログを更新する時間が取れませんでした(;´・ω・)

下宿生になると実家暮らしの生活リズムが疎ましく感じてしまうものです(笑)

一度下宿先に忘年会に参加のために戻る予定ですが・・・

 

 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

 

#海陸風が高圧部から低圧部に向かって吹くのは

  • 摩擦力が働く
  • 短周期で変化するので気圧傾度力、摩擦力、転向力のつり合いが成立していない

ため

 

 

#晴天の日、山岳地域で日中は谷から山に向かって吹く風が谷風、夜は山から谷に向かって吹く風が山風

 

 

#大気の熱輸送は

によって行われている

 

 

#赤道付近ではハドレー循環の熱帯収束帯で積乱雲ができ、降水量が大きくなっている

気圧は低い

 

 

#亜熱帯域の緯度20~30度付近では、蒸発量が降水量を上回っている

気圧は高い

 

 

#大陸は

  • 冬は高気圧が発達し大陸から海洋に風が吹く
  • 夏は暖まり低気圧ができ海洋から大陸に風が吹く(海洋は高気圧)

この風はモンスーン

 

 

#ハドレー循環は、上昇流の緯度が夏は15度付近に移動する

 

 

#熱帯低気圧の発生する界面の水温は約27度以上

 

 

#メキシコ湾やカリブ海、太平洋北東部の熱帯低気圧・・・ハリケーン

アラビア海ベンガル湾熱帯低気圧・・・サイクロン

 

 

#台風は中心から50~100km付近が最も強く、それより内部は台風の目と呼ばれている弱い下降気流

 

 

#大陸と海洋の熱性質の違い、大陸の地形が受ける大気の流れの影響が陸地が多い北半球では顕著なため、北半球の夏と冬の違いが南半球より大きい

 

 

#夏の海洋上の高気圧は背の高い高気圧で、冬の大陸の高気圧は背の低い高気圧

 

 

#気圧の谷の西側では温帯低気圧が発生する

 

 

#寒波・・・偏西風が大きく蛇行して日本上層が気圧の谷になり高緯度の寒気が南下した時

 

 

#高層天気図は、密度の大きい高緯度地域より密度の小さい低緯度地域の方が上空へ気圧の下がる具合が小さいため、東圧面の高度は低緯度に行くほど高くなる

 

 

 

 

次の記事で海洋に入りたいと思います!(^^)!

 

 

tigakutenohira.hatenablog.com

 

センター地学 要点整理13

 天気分野の続きです。

tigakutenohira.hatenablog.com

 

 

#凝固点高度hは、フェーン現象などにおける山麓の気温をT、露点T`とおくと

h=125(TーT`)  ※顔文字ではないです

 

 

#エーロゾル・・・海塩粒子、土壌粒子、火山灰、煙、排出ガスによるもの

 

 

#雲が浮いているように見える理由

  • 上昇気流で支えられている雲粒の落下速度が小さいため
  • 落下途中の雲粒が不飽和の大気に入って蒸発する一方で、上昇気流で新たに生成されているため

 

 

#冷たい雨

雲の中に氷晶と過冷却の水滴があり、飽和水蒸気圧が水滴の方が氷晶よりも高い

水蒸気圧が、氷晶と水滴の飽和水蒸気圧の間の値をとるとき

  • 水滴は水に対して不飽和で水蒸気となる
  • 水蒸気は氷に対して過飽和で氷晶となる

これによって氷晶が重くなり、落下して暖かい下層で雨になったもの

下層で溶けなかったものが雪

日本の場合はほとんどが冷たい雨

 

 

#暖かい雨

気温が0℃以上の大気、氷晶を含まない雲

雲粒の上昇下降のなかで雲粒同士が衝突し、大きい雲粒が小さいものを捉えて雨粒となったもの

 

 

#太陽放射のうち

  • 反射・・・30%
  • 大気や雲に吸収・・・20%
  • 地表に吸収・・・50%

 

 

#海はアルベドが低く、雪は高い

 

 

#地球の大気の運動エネルギー源は、主に太陽放射だが

木星土星海王星は内部熱源(太陽放射より大きい)による

 

 

#大気は可視光線などの太陽放射はよく通すが、赤外線などの地球放射は吸収する

 

 

#低緯度の方が高緯度より太陽放射を多く入射されている

 

 

#低緯度から高緯度への熱輸送によって、緯度による地球からの放射量の差が小さくなっている

 

 

#低緯度から高緯度への熱流量は中緯度で最大

 

 

#太陽放射は夏の北極域で最大、冬の北極域で0

 

 

#風速が同じならば、転向力の大きさは高緯度ほど高く赤道は0

 

 

#地上から約1㎞より高いところでは大気と地表間の摩擦力が殆どない

 

 

#摩擦力のはたらかない上空で円形の等圧線に沿って吹く風を傾度風

地衡風と異なるのは、力の要素に遠心力があること

 

 

#

  • 等圧線の間隔が大きい場合、地衡風
  • 等圧線の間隔が小さい場合、傾度風

 

 

#低気圧の場合、同じ気圧傾度力でも地衡風の方が傾度風より強いが、高気圧の場合、傾度風の方が強い

 

 

 

 

フェーン現象地衡風の説明などは、省きました_(._.)_

 

 

 

tigakutenohira.hatenablog.com